ホーム入荷情報、オススメ情報
入荷情報、オススメ情報
入荷情報、オススメ情報:2103
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 106 次のページ»
2018年02月22日
1996年イギリスのWork In Progressからリリースされた、MerzbowのSpiral Honeyという作品。

ZSF Produktにてアナログ機材で作成されていた時期のもの

コンディション;
Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Very Good Plus (VG+)
2018年02月21日
1998年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Electric Ladylandコンピレーションシリーズの VI作目。

エレクトロニクスを駆使したdownテンポなHip Hopを展開。病んだような重いムードが漂う作風。

23曲、2枚組CD。

コンディション:
Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Near Mint (NM or M-)

2018年02月16日
2017年ベルギーのEntr'acteからリリースされた、Nyantora + duennの086-087 Areaという作品。

アブストラクトなエレクトロニクス作品で、微細なノイズを拡張したかのようなデリケート作風。

同年Merzbow . Duenn . Nyantora ‎– 3Rensaという作品もリリースしているが、また違ったアプローチを展開している。
2018年02月15日
1996年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Alec Empireのdownテンポなジャズを収録したアルバム。

アンビエントなムードもあり、近未来的なジャズを満喫できる異色作。

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Near Mint (NM or M-)
2018年02月14日
2010年アメリカのHospital Productionsからリリースされた、Carlos Giffoniのノイズアルバム。
2018年02月13日
1999年スウェーデンのCode Redからリリースされた、初のコンピレーションCDアルバム。それ以前はすべて12インチアナログレコードで、ラベルは赤で統一されたデザイン。
低音部を強調したMINIMAL TECHNO.

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Very Good (VG)
2018年02月09日
1996年ドイツのTresor からリリースされた、Cristian VogelのBody Mappingろいうアルバム。

奇妙な電子音と8ビートのリズムマシントラックを基本としたテクノ。

奇妙な電子音ということでは、ジャーマンロックのClusterの音作りに少し似ている感じがする。

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Very Good Plus (VG+)
2018年02月07日
1996年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Electric Ladylandシリーズの第3弾コンピレーションアルバム。
アブストラクトなIDMテクノを追及したコンピで、変則ブレイクビーツに歪んだような重低音音響、DUBの要素も見え隠れする内容。

コンディション:

Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Near Mint (NM or M-)
2018年02月06日
1994年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、 Compilation 、Modulation & Transformationシリーズの第一作。

1曲目がWARPのAphex Twinを収録。IDM-TECHNO路線でのセレクト。 FAX recordsでのリリースもしているThomas P. Heckmann
など、アナログシンセ系の曲も収録。全体としてWarp recordsの初期に近い作風。

コンディション:

Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Near Mint (NM or M-)
2018年02月05日
2016年日本のスローダウンRECORDSからリリースされた、イタリアのベテランM.B.の Atemporal Activity<時空間活動>というアルバム。

グロテスク、陰謀論系ダークサイドな作風が多かった初期作品に比べると、時間や空間といった結構論理的なタイトルなどが目立つ最近のM.B.のアルバム。
テープループを主体としている素朴な電子音響といった印象を受ける作品。コンピューターなどでの編集や操作などもおこなってない、素材を重視した作品。


コンディション:
Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Very Good Plus (VG+)
2018年02月02日
1995年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Modulation & Transformationシリーズの第2作目。

音響派テクノとも当時呼ばれていたアーティストを中心にコンパイルしたコンピレーションアルバム。

OVAL,Scanner,–Global Electronic Network,–Cristian Vogel,GASなど個性派多数収録。

コンディション:::
Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Near Mint (NM or M-)
2018年02月01日
1996年Mille Plateauxからリリースされた、Alec EmpireのLes Étoiles Des Filles Mortes<死んだ女の子の星>という
Musique Concrète作品。
Digital Hardcore Recordings (DHR)からのライセンス。

Alec Empireのトレードマークともいえるブレークビーツテクノやイルビエントといった作風ではなく、古典的ともいえる初期電子音楽、Musique Concrèteに徹した、古典的な印象を受ける電子音楽作品集。

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Very Good Plus (VG+)
2018年01月29日
1997年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Electric Ladylandシリーズの第4弾コンピレーション。
歪んだようなBroken BeatやDrum n Bassを収録した、当時としては実験的なクラブ系アーティストをコンパイルしたアルバム。

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Near Mint (NM or M-)
2018年01月26日
2001年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Clicks & Cuts シリーズコンピレーションの第2作目。
大ボリュームの3枚組CD。IDMグリッチ系のコンピレーションとしては、Frank Bretschneider,Alva.Noto,Vladislav Delayなど、Raster-noton,12K,Mego,KOMPAKTなど、最新のデジタル系電子音楽のレーベル関係者も多数収録され、今確認すると相当面白いアーティストが大勢参加している。
IDM系ではお勧めのコンピレーションです。

コンディション:
Media Condition: Very Good Plus (VG+)
Sleeve Condition: Very Good Plus (VG+)
2018年01月24日
1994年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Alec EmpireのLimited Editions 1990-94というアルバム。
90年代初頭にブルックリンなどで、一部の電子音楽の試みとしてイルビエントと呼ばれる新しい音楽が制作されていた。その要素を含む実験的試みをAlec Empireが行ったものと思える内容で、アンビエントにイル(病んでいる、病気)の要素を加えた従来のアンビエントとは少し違った作風を確認できる。アブストラクトヒップホップや、テクノの要素も含んでおり、当時のニューヨークシーンでは新しいタイプの電子音楽として話題になっていたようだ。

Condition
Media: Near Mint (NM or M-)

Sleeve: Very Good Plus (VG+)
2018年01月23日
1994年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、Alec EmpireのGeneration Star Warsというテクノアルバム。


ローランドのリズムマシンTR-808, Akai サンプラーS-1100, アナログシンセSH-101, Boss Pitch Delayなどを駆使した高速ブレークビーツテクノが聴けます。
昔のサンプラーの使い方が、かえって新鮮に聞こえる。スターウォーズのX-ウィングをゲームで操縦しているかのようなスピード感はゲーマーにも受け入れられるかもしれない。。。

90年代にHITしたような作風。

コンディション:
Media Condition: Very Good Plus (VG+)
Sleeve Condition: Very Good Plus (VG+)
2018年01月22日
1996年ドイツのMille Plateauxからリリースされた、 Electric Ladylandシリーズの第2作目。

downテンポな重いブレークビーツテクノ系を集めたコンピレーションアルバム。Alec Empirem,DJ Vadim,Techno Animalなど個性派のMIXが目立つ。サンプリング文化が進化し始めたころで、90年代のサンプリングテクニックや機材の使い方に進化がみられる時期。アナログのTB-303やリズムマシンも使いこなしており、上級者向け曲作り。

コンディション:
Media Condition: Near Mint (NM or M-)
Sleeve Condition: Near Mint (NM or M-)
2018年01月18日
2017年アメリカのAutomation Recordsからリリースされた、MerzbowのAodronというCD作品。

再入荷。
2018年01月13日
2017年アラブ首長国連邦のBedouin Recordsからリリースされた、MerzbowのTomarigiというLP作品。

レコード文化不毛地帯かもしれないアラブより、日本のノイズレコードがリリースされたのは大変珍しいことかもしれない。
まだ3年ほどの新しいレーベルですが、今後アラブでのノイズシーンが形成されていくのか興味津々です。

アラブ盤、ジャケの材質の影響か?レコード文化不毛地帯、遠方からの荷物のためか、一部に破れや皺が新品ですがあります。ご了承ください。
2018年01月12日
2005年アメリカのImportant Recordsからリリースされた、MerzbowのMerzbuddhaというCD作品。


Condition
Media: Very Good Plus (VG+)

Sleeve: Very Good Plus (VG+)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 106 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス